プラント設計ベトナム人エンジニア技術者

昨年は、
プラント事業で、設備の設計から製作、現場据付、アフターメンテナンスまで一貫して支援されている、
ケイ・エイチ工業さんに、ベトナム人エンジニア技術者の人材紹介を行いました。

ケイ・エイチ工業さんにとって、外国人の従業員は、今まで採用したことがなかったので、
採用するかどうかを決めるまで、ものすごい葛藤が、社内の中でありました。
日本語が話せないのに、大丈夫か?
日本人の感覚を持って、一緒に仕事できるのか?
職場の和を乱すようなことはないのか?
など等、色々と、心配ごとが出ていました。
しかしながら、求人で募集しても応募がない。
応募があったと思ったら、面接には来ない。
面接に来ても、マッチングする人材でなかったりと、
もうこれ以上、会社にマッチングする日本人を待っていても、いつ現れるのか分からない。
そんな状況の中、不安をたくさん抱えながらも、日本語がある程度しゃべれるのであればということで、
ベトナム人エンジニア技術者の求人に踏み切られました。

通常は、国内での履歴書等による書類選考の後、
ベトナム現地へ出向いて頂いての面接を行われる企業さんがほとんどですが、
ケイ・エイチ工業さんの求人責任者の方は、海外へ訪問した経験もなく、
また、飛行機にも乗ったことがなく、怖いっとのことで、
スカイプSkype面談で対応させていただくこととなりました。

N2(日本語検定2級)を持たれていることもあり、
スカイプ面談でも、大方の日本語の会話が出来ていたようで、
そのほか、当面は日本で仕事を身につけてやり続けていきたいという強い意思もあったことから、
採用に至りました。
実施の入社まで、
ビザの発行の手続きなどで、3~4ヶ月かかりましたが、
2月下旬に来日し、3月1日から、頑張ってくれています。
安全会議等はもちろん、社員さんの会議でも、積極的な意見を発動しているようです。


経営計画発表会でも、
自身の担当するプロジェクトの計画を発表されていました。

8月には、お子さんも誕生され、
さらに一段とヤル気を持って、お仕事に取り組まれています。

3S活動でも、工場内の整理、整頓に、積極的に取り組んでくれています。

お使いのCADが、AutoCAD LTですが、
ロイくんのCAD設計能力は非常に高く、
日本人でも分からないことを、教えてくれています。
特に、コマンド命令文が得意で、色々と知っています。


これからも、ロイくんの成長ぶりが楽しみだそうです。
今後は、ミャンマー人エンジニア技術者の採用もお考えのようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です