Author Archive khstaffstation

ベトナム人エンジニアも、残業して頑張る設計CAD

ベトナム人エンジニアのCAD設計からの見積り

Tags, , , ,

プログラミング業界へ

ベトナム人エンジニアは、原付きバイクの免許を持っています

日本語教室

コロナウイルス時の外国人エンジニアに対する施策

昨日は、健康診断でした。
コロナウイルスの影響で、マスクをしている看護師さん、お医者さんが多かったです。

さて、
このコロナウイルス問題、
私は、まだまだ長期化するとおもっています。
既に、大手では、海外赴任の転勤や出張などの時期を、
延期する会社が続出してきています。

そして、大きな問題は、
まだ、治療薬が出来ていないということです。
治療薬の開発完了までに半年かかるという会社が出てきましたので、おそらく半年くらいは、このような状況が続くのではないかと思われます。

当然、景気は停滞し、
やる仕事が一時的になくなってしまうかもしれません。

しかし、ここで僻んでいても何も始まりません。
半年後もしくは遅くとも1年後には、景気が急回復し、
その時に、今の戦力が、さらに大きな戦力となるよう、今のうちに鍛えておく時期だと思います。
CADなら、3次元CADを導入し、その練習をするということもあります。
いずれにしても、社内外で、一人ひとりがまさにキャリアを上げていく、格好の時期が到来します。

是非、この機会に、外国人エンジニア技術者たちに、
スキルアップとなる研修を、期待しています。

弊社の関連会社では、既に導入しています。

ベトナム人エンジニア技術者が使用するCADコンピュータ

昨日は、ベトナム人エンジニア技術者がCADで使用するコンピュータを買いに行きました。

今年は、ミャンマーからもエンジニア技術者が入社予定なので、彼の分も用意しました。

コンピュータの新品、特にワークステーション等のハイスペックのPCは値段が高いですが、
中古ですと、半額以下、もしくは1/3以下で購入が可能です。

しかも、パソコン工房さんでは、中古PCに対しても、
1台の購入につき、6千円の商品券をくれました。

合計3台購入したので、12,000円もお得な買い物をしました。

このハイスペックなPCで、CAD設計をさらに頑張ってくれること、間違いありません。

ベトナム人エンジニア技術者が設計した製品づくり

ベトナム人エンジニア技術者がCADで設計した図面をもとに、
日本人の職人さんが、工場で製缶をしています。

職人さんは、曲げ加工されて入荷されたステンレスのアングル材を
バンドソーにて切断しています。

また、曲げ加工されたアングル材が、
溶接で歪まないように、
押さえの治具を、定盤に溶接して、固定できるようにしています。

ステンレスは特に、
歪みやすいので、
溶接をする際は、
歪み対策をすることが大切です。

設計する時は、
このようなことも頭に入れながら描かないと、
絵に描いた餅の図面になることも少なくはありません。

だから、
いくら設計といっても、
現場のことをよく知ることが大切です。

それは横で見ているだけよりも、
実際に、製缶の溶接をすることで、
歪むことを体感することが大切です。

このようなことを繰り返すことで、さらに設計のレベルが、飛躍向上するのです。

ミャンマー人エンジニア技術者を採用するための面接時に必要なこと

ミャンマー人のエンジニア技術者を採用するために、
現地へ、面接の依頼をすると、
必要なものが、

社名が入った会社の写真、

そして、CADを使った設計のお仕事であれば、
そのCADが入ったPCでCADをやっている写真

等も、必要となります。

これは、ミャンマー特有の必要な資料です。

このように、お国によって、必要な資料が変わってきます。

3S活動に積極的に取り組むベトナム人エンジニア

土曜日は、3S活動を行っていました。

ベトナム人エンジニアのロイくんも、3S活動にも、積極的に取り組んでくれています。

ロイくんの担当は、事務所等で発生する再生資源です。

書類の数々や段ボール、CAD図面といったデータに加え、積算のマニュアルまでといった、かなり高度な内容も、
ロイくんが担当してくれています。

このように、外国人エンジニアは、目の前のお仕事の、設計だけでなく、

3S活動や、データの整理、また積算のマニュアルまでをも作成できる能力と、誰にも負けない努力をするヤル気を持ち合わせています。